最新情報はこちらからどうぞ!
為替ブログランキング

スポンサードリンク



FX究極投資法メニュー

1.FXで本当に勝てるの?

2.公開理由

3.なぜFXで勝てないのか?

4.基本的な戦略内容

5.順張りと逆張り

6.3つの相場

7.相場の見極め方

8.抵抗線と支持線

9.ボックス圏のシナリオ

10.上昇相場の心理学



ところでBIG BANG FX-Ⅲって知ってますか?

これおすすめのFXツールですよ!
FXに関するツールのなかでは『今年最大のヒットになるのでは・・・』とも言われています。

で、何がすごいかというと、
天井と底を教えてくれるツールなのです!!
「優秀なシステムが出した売買サインにしたがって、淡々と機械的に、感情を入れずに投資をおこなう」
ただ、これだけでプロ並みのトレードが素人にもできるのです!

BIG BANG FX-Ⅲ



あなたのすることはチャートのサインを見て、底で買って、天井で売る、ただこれだけです!
これだけで誰でも儲けられるのだから、すごいと思いませんか?

考えてみてください。
もしたった1ヶ月足らずの間で、100万円以上の儲けがあれば、あなたはどうします?

このツールを使えば、誰でも簡単に儲けることも可能です!
だって、サイン通りにトレードするだけですから。

でもそういうツールっていろいろあるけど、
サインが本当に有効かどうか心配ですよね。

ちなみにBIG BANG FX-Ⅲを使っていれば、多くの投資家が損失を出した、2月27日~28日の大暴落時においても、きっちり大勝しています。
あのとき、あなたがこのツールを使っていれば、大儲けできたんですよ!!

ところでこのツールってちょっと高いと思いませんか?
でも、もしあなたがこのツールを使って少しでもFXの勝率が上がればどうでしょうか?
FXで1万円や2万円など、すぐに稼げる金額じゃないでしょうか?

もちろんあなたにはこのツールが必要ないかもしれません。
あなたが熱心に何年もかけて研究をすれば、このツールと同じ結果を出せるかもしれませんから。
ただ、それまでいくらの時間とお金を浪費するでしょうか・・・

実際にBIG BANG FX-Ⅲを使って多くの人が利益を出しているので是非一度HPを見てみてくださいね。

BIG BANG FX-Ⅲ



実際に使ってみるとその性能にきっと驚きますよプププッ (*^m^)o==3


100万円のスワップを月に手に入れる手段とは?
ランキング1位のわたぼうさんのブログをチェック♪




スポンサードリンク




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2位のおやじさんが売買シグナルを無料で提供!
ランキング2位のおやじさんブログをチェック♪


スポンサードリンク

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

抵抗線と支持線



さて、それではなぜ上の図の青い線になると相場が下がり、赤い線になると相場が上がるのでしょうか?
これには心理学的な理由が隠されています。

まず、為替市場でどうやって価格が決定されるかを説明すると、
売る人と買う人の数(需給)がちょうど釣り合う点がその価格になるのです。

例えば1ドルが100円だったとします。

全員が1ドル100円で妥当だと思えば、そこから価格は変わらないです。

しかし、多くの人が1ドル100円では円高過ぎると思い、1ドル103円くらいが妥当だと思ったとします。
そうすると、多数決の理論でどんどん円安になっていき、だんだん103円に近づいてきます。

そして売る人と買う人のバランスが103円でとれれば、価格は103円で落ち着くのです。



さて、青い丸印の地点が103円の地点だったとします。
そうするとみんなの心理はどうなるでしょうか?

まず100円で買って、自分は103円が妥当だと思った人がいるとします。
仮にAさんとします。
103円になるとAさんは売りますね。

ただ、逆に103円で売れると言うことは、103円よりも上がるだろうと思って買う人がいるわけです。
その人をBさんとします。

Bさんは上がると思って買ったのですが、買う人以上に売る人が多くてなかなか価格が上がりません。
するとBさんの心理状況はどうなるでしょうか?

「いくら買っても、こんなに売る人が多いんじゃあ、やっぱりこれ以上上がらないな。
あきらめて売ろうか」

とBさんも売り始めました。
そして売る人が多くなると価格が下がっていきます。

他にCさんもがんばって買っていましたが、どんどん下がっていくので怖くなって売ります。

そうして今度は赤丸の地点(100円)にたどり着きました。

すると先ほど103円で売ったAさんは思いました。

「103円が妥当価格だと思うのに100円とは安いぞ!
たくさん買おう!」

そう思ってAさんが大量に買います。
BさんやCさんは怖くなって売っていたのですが、いくら売ってもAさんが100円になると買い支えるので値段が100円以下にはなりません。

すると今度は100円以下にならないのなら、これから上がるかもしれないと思ったDさんまで買ってきます。
すると、またどんどん価格が上がっていきます。

こうして価格は103円くらいになりました。

「なんだ、どんどんあがるじゃないか!
もっと上がるかもしれないな・・・」
またBさんが103円のときにそう思って買いました。

しかしAさんは103円が妥当価格だと思うので売りました。
するとまた下がって・・・

というようにこの繰り返しがボックス圏です。
こうしてみるとAさんはかなりやり手で、Bさんは馬鹿みたいですが、実際にこのような人がたくさんいるために、為替の価格が変動していっているのです。

あなたはAさんですか?それともBさんですか?



テクニカルの用語で青い天井の線を抵抗線(レジスタンスライン)、赤の底の線を支持線(サポートライン)と言います。

つまり価格が上がっていって抵抗線に近づくと、抵抗勢力に押されて、これ以上価格が上がらないから抵抗線、
逆に価格が下がっていっても、最低そこの線では支持されて反発するので支持線と呼ばれているのです。

ここでまとめです。

ボックス圏相場の売買は、

価格が上がっていって抵抗線に近づいたら売り(ショート)
価格が下がっていって支持線に近づいたら買い(ロング)


しっかり覚えておいてくださいね。




スポンサーサイト
2位のおやじさんが売買シグナルを無料で提供!
ランキング2位のおやじさんブログをチェック♪


スポンサードリンク

  1. 2006/12/20(水) 19:06:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボックス圏のシナリオ | ホーム | 相場の見極め方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kkfx.blog86.fc2.com/tb.php/8-3dc6cf95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)